2017年4月18日火曜日

4/15 出張シノギングでハンモック体験


先週末土曜日はお店を休ませて頂き、アクシーズクインさんとの共同イベント"出張シノギング"へ5名のお客様と行ってきました。

JR高尾駅に集合し、満員のバスで裏高尾へ。

アクシーズクインの柳谷さんに、コンパスの使い方、地図の読み方を簡単にレクチャーして頂き、バリエーションルートで登っていきます。
高尾のバリエーションの歩き方や、シノギングで使える木の話など伺いながら、少し登ればもう本日の目的地であるハンモックの森に到着。

早速ハンモックの張り方を教えて頂き、各自でやってみる。

アクシーズクインのイベントなのでハンモックは当然EXPEDの製品。
主力のトラベルハンモックシリーズは、バックパックに気軽に追加できる収納サイズです。

そのままハンモックに寝ると、時期的にまだ背中側を風が通って肌寒い。
そこで、用意して頂いたエアマットを下にひいてみると確かに暖かく快適に。

思っていた以上に張るのは簡単で、木に巻いて結ぶだけで設営完了。

タープを一緒に張る応用編も実演。

目が勝手に閉じてしまう快適さです。

山で寝転がって見上げるというのは昼間なかなかやらないと思いますが、ハンモックに寝て見上げたら上の方で桜が咲いているのを発見してちょっと得した気分に。

各自ハンモックで食事をとったり、お酒を飲んだり。
ちょうど通り雨もあって、ツユハラヒを試したり。
結局4時間ほどのんびりと過ごして下山。

下りはちょっと危ないところで細引きを使用。
地図読みとハンモックの使い方だけでなく、ハンモックで楽しむためにはどうするのか、ということを登り下り通して教えて頂きました。

おまけで高尾駅前の居酒屋で反省会も開催。
ご参加頂いた皆様も楽しんで頂けたと思います。


山でハンモックというのは僕自身初めてだったのですが、これは病みつきになる快適さですね。一人でも友人や家族とも楽しめるアイテムです。
すっかり参加者の一人みたいに楽しませてもらいました。


イベントの詳細はアクシーズクインのblogにて。

アクシーズクインのお二人、そしてご参加頂いた皆様、ありがとうございました!!



2017年4月10日月曜日

RIDGE MOUNTAIN GEAR - Travel Pouch Plus Special Edition X-PAC White



sokit オープン5周年を記念し特別に製作して頂いたX-PACホワイトバージョンのトラベルポーチ。
今まで白がなかったのが不思議な位しっくるとくる配色です。
完全にモノトーンな組み合わせが、かえって存在を引き立てている気がします。
コーディネートにも映える色なので、ぜひ普段から積極的に使って下さい。

一番先頭の写真の中身です。
小さめのウォレット、スマートフォン、ハンカチor手ぬぐい、ポケットティッシュ、おやつ、日焼け止めを入れてみて、程よい感じでしょうか。


カバンの中からもさっと取り出せる便利なハンドル

両サイドで長さ調整ができるショルダーストラップタフが付属します


ポーチのサイズはキッズバッグとしても程よい感じ。
写真の通り付属のストラップタフでは少し長いので、お子様用に短めのストラップを別でご用意頂くと良いと思います。


商品の詳細とWebからのお買い物はこちら
*おかげさまで完売となりました。ありがとうございました!

どうぞよろしくお願いいたします。







2017年4月2日日曜日

883Designs - ライトサコッシュ



当店別注で制作して頂いたライトサコッシュです。

その前に、
唐突ですがおかげさまで3月でオープンしてから5周年となりました。
いつもご利用頂いている皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

一つの節目と考えていた年に店舗を移転し、今後はさらに幅を広げて提案できればと思っておりますが、思いばかりがつのり、体は全くついていっていなかったようです(笑)
なにせバタバタでリアルタイムでお知らせすることも出来ませんでした。。


さて、こちらのバッグ、以前から製作をお願いしようと考えておりましたが、なかなかタイミングというかきっかけがつかめずで話を進められていなかったのです。
今回5周年記念ということもありますし、何かいつもと違う製品を用意したいなということで、883designsさんに改めてお願いし製作頂きました。


店主は展示会バッグとして大変重宝しています。
A4クリアファイルがすっぽりと収まる絶妙なサイズで、展示会を1日回ってカタログを持ち帰るのにぴったりなんです。
強度重視である程度しっかりとしたナイロンを使っているためウルトラライトとは言えませんが、そこまで気にしない方であればデイリーユースだけでなく、簡易スタッフバッグ兼移動用バッグだったりと山でもご利用頂けるでしょう。

ベースとなるのは自転車レースの補給で使われている本当にシンプルな元祖サコッシュ。
ストラップはそのままの長さなら斜め掛けできますが、自分で結んで長さを調整し、少し短くしてトートバッグのように肩掛けにしたり、もっと短くして手持ちにしたりといった使い方ができます。
店主のイメージとしては、ストラップを伸ばせばショルダーにもなるトートといった感じ。
ナイロンならキャンバス生地より軽いしかさばらず、綿の薄手エコバッグよりも強い。
電車でも車でも乗り物で移動するなら、さっと膝の上や助手席に置くこともできる、こういったバッグがやはり便利です。

最近はちょっと出かける時はもっぱらこれ。
結構使えるヤツです。









商品の詳細とWebからのお買い物はこちら


どうぞよろしくお願いいたします。




2017年4月1日土曜日

atelierBluebottle - Hiker's SACOCHE Lite



定番モデル Hiker's SACHOCHE よりも幅で2㎝小さく、背面クリアパネルなどのディティールを削ってシンプルにしたハイカーズサコッシュライト。

その収納力と機能性を考えると、名前の通りかなり軽量です。
マチがなくすっきとした作りは他モデルと同じですが、背面のクリアパネルがないことで生地が広がりやすく収納力は見た目よりも多め。

店主がいつも Hiker's SACHOCHE に入れているものは全て入れられました。
サコッシュに入れられるものは少なくても、動きを妨げないサイズが良い方や、山でも行動中は主にGPSで地図を確認するためクリアパネルが不要な方、主にデイリーユースたまに山でという方にはこちらがおすすめ。
アトリエブルーボトルのアイデンティティとも言える斜めジッパーのフロントデザインも健在。
シンプルですが格好良いです。
耐水性に優れたX-PACとキューベンファイバーで作られており、多少の雨ならそのままでも中身を濡らすことはありません。
平紐とリフレクターコードを組み合わせたストラップは、急な登り降りや強風時など状況に応じて簡単に調整ができるようになっています。


フロントに行動食などすぐに取り出したいモノを入れられるスリーブポケット。
店主はここにレンズカバーを入れる事が多いです。


内側にミニスリーブポケット。
ハイカーワレットだったり、スイカだったり、ちょっと分けておきたい物を入れるのに便利。


リフレクターコードにより簡単調節可能なストラップ。
アクセサリーカラビナが付属します。


ちょっとしたものを引っかけるのにも便利なキーループ。
例えば普段使いなら自転車の鍵。


店主が普段ハイカーズサコッシュに入れているものを全てライトに入れてみた状態。


上の写真の中身はこれだけ入ってます。
ハイカーズサコッシュならこれを入れてもまだ少し余裕あり。
ライトならこれでちょうど位でしょうか。
これだけ入れば十分という方も多いでしょう。




どうぞよろしくお願いいたします。



2017年3月30日木曜日

2017年4月の営業案内


いつも当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。


4月の店舗休業日・短縮営業日のご案内です。


4/ 1(土) 14:00-19:30 営業
4/ 4(火) 休み
4/ 6(木) 休み
4/11(火) 休み
4/15(土) 休み
4/18(火) 休み
4/20(木) 休み
4/25(火) 休み
4/27(木) 休み

上記以外は通常営業 (12:00 - 19:30) となります。
予定の変更などがあった場合には、随時変更させて頂きます。

当日の営業確認はお電話でどうぞ。
その他のお問い合わせはWeb Storeのお問い合わせフォームよりお願いします。

TEL:03-3994-3822
※お客様がいらっしゃる場合、また用事で一時的に外出している場合など営業時間内でも電話に出られない事がございます。


2017年3月27日月曜日

RawLow Mountain Works - Antelope, Day Tripper, Tabitibi tote


昨年登場と共に話題をさらった新しい日本のパックブランドが当店にも入荷しております。
どのアイテムもぱっと目を引くデザイン性の高さを持ちながら、細かなディティールにこだわった製品で、こだわりのギミックがつまっています。


Antelope
美しいオールドスクールな佇まいながら、気の利いたディティールと拡張性をあわせ持ったバックパックです。
左右の1000デニールナイロンパネルと上下で厚みと色を変えたX-PAC、そしてフロントのダイニーマと本体部分だけでも4つの生地を組み合わせた凝った仕様はデザイン的にも大変ユニークで格好良し。
適所に最新素材を用いた結果、重量も抑えられています。
東京の工場で作られており、国内ブランドならではの日本の山に合わせたアップデートや修理対応の速さなどにも期待ができます。











Day Tripper
Antelope用に開発された拡張ストレージ兼ショルダーorバックパック。
夏場はAntelope単体(40~42L)でも縦走装備が収まるけど、冬場はちょっと厳しいという方には重宝するでしょう。
濡れたものを分けて収納したりといった使い方もできるし、アタックサックとしても十分な容量があります。
背面側のループをうまく使えば他社のパックに外付けすることも出来そうです。




ストラップの留め方で簡易パックとしてもショルダーパックとしても使えます



Tabitibi Tote
今までにないスタイルのサコッシュが出てきたなぁと発売を楽しみに待っていた旅チビトート。
様々なシーンでの使用を想定したこだわりのディティールとギミックを持ちながら、普段着にもコーディネートしやすいデザイン性の高さが魅力です。
サコッシュとして考えると決して軽量ではありませんが、気にするほど重くはありません。
いつでもどこでも連れて行きたくなることでしょう。


一般的なサイズ感のサコッシュが、

こんなに大きくなります

ジッパープルが片側ホイッスルになっているのも素晴らしい

ペットボトルの結露で中身を濡らさないというアイデアも素敵



各商品の詳細とWebからのお買い物はこちら


どうぞよろしくお願いいたします。