2018年8月15日水曜日

2018.8.11-12 燧ヶ岳&会津駒ヶ岳


先週末は檜枝岐をベースに燧ヶ岳と会津駒ヶ岳へ行ってきた。


1日目(8/11) 燧ヶ岳

御池駐車場→広沢田代→熊沢田代→俎嵓(まないたぐら)→柴安嵓(しばやすぐら)→俎嵓(まないたぐら)→ナデッ窪分岐→長英新道→長蔵小屋→尾瀬沼山峠

沼山峠よりシャトルバスで御池駐車場へ帰還(大人520円、30-40分間隔)



金曜の夜22時頃に出発するも翌日よりお盆休み、そして今年はETCの休日割りが前倒しになったという事もあり既に高速は渋滞。
東北道に入ってすぐ事故渋滞で降りてまた乗って、今度は目的地最寄りのICよりも手前で降りて下道でなどとやっていたら、到着にだいぶ時間がかかった。
おまけに雨も随分降っていて、テンション下がったまま尾瀬御池の駐車場(有料)で仮眠。

物音で目が覚めると、雨が止んで日も少し出ている。
午後から回復するような予報だったけど、もしかして回復が早まったか!?と、
期待を胸にいそいそと準備をし、当初の予定より早めに出発。

駐車場より最初の分岐。
これはツユハラヒの出番かな、
なんて考えていたらそんなに甘いもんではなかった。

朝まで時折強く降っていた雨の影響で登山道は川のように…
登りづらいけどプチ沢登り気分と前向きに捉える。
実のところ雨も止んでおらず、強弱ありながら山頂を過ぎ下山途中まで降り続いていた。

晴れてたら綺麗だったろうな湿原

良く言えば幻想的

お盆初日でも入れ替わりで貸し切りとなった寂しい山頂

小雨だったので我慢して腹ごしらえしてから下山開始

小川のような登山道をひたすら下り、
尾瀬沼が見えた時は、やっと終わった〜とほっとした。

ビジターセンターの入口脇に蛇口付きの水場あり。
長蔵小屋の無料休憩所でホットコーヒー(セルフ、300円)を頂き、しばし休憩。
お土産屋に寄って、さあ帰るかと来た道を戻り始めたら、

は、晴れてる…

至仏山からは何度か見ていたけど、尾瀬沼に来たのは初めて。
こんな形の山だったんだね。
早まらずゆっくり登り始めていれば…
暑いのは嫌なんていうのも早く登り始めた理由の一つだけど、良く考えたら雨で何も見えないより全然暑い方が良かった。

木道をひたすら進み沼山峠に到着。
ちょうどバスが行ってしまったようなので、濡れたものを乾かしながらのんびりと待った。

駐車場に戻ると、まずは温泉を目指す。
檜枝岐村内には3つの公衆浴場があり、一番近い燧の湯へ。
お盆で激混みを想定していたけど、むしろ空いていて快適だった。

なお、沼山峠にはドコモ電波入りますとポスターが貼ってあったが圏外。
売店の店主に確認したところ、今日は調子悪いみたいとおっしゃっていた。
ちなみに御池駐車場も長蔵小屋の休憩所も圏外だった。
日によるのかな。
圏外だとその場でコンパスの下山届けが出せないのと、スマフォのカーナビだと温泉の場所が検索できないので注意が必要。
普段は全く見ない古い純正カーナビが役立った。

夜は道の駅 尾瀬檜枝岐で車泊。
ウォッシュレット付きのトイレ、Free Wi-Fi、温泉&プールと充実している上、
食事処では生ビールも飲めてしまう。
お盆初日でも空いてて快適だった。


2日目(8/12) 会津駒ヶ岳

滝沢登山口→駒の小屋→会津駒ヶ岳→駒の小屋→滝沢登山口


この日は前日とは逆で午後から崩れる予報だったので、日が出始めたらすぐに登ろうと思っていたのにまさかの寝坊。
登山口の駐車場は満車状態だったものの、やはり普段から上の駐車場だけでは足りないのか、国道を曲がってから登山口までの間に何ヶ所か駐車スペースが用意されており、そんなに下らずに停める事ができた。

朝食を済ませ、準備をして出発。
登山口まで舗装路を少し歩いて登っただけで既に暑い。

九十九折りで森の中をひたすら登っていく。
ブナが美しい。

ベンチのある休憩スポット。
ここから2分下ったところに水場があるということだけど、それなりに持っていたので汲みには行かなかった。

寝坊が響いたのか、視界が開けてきた頃からご覧の天候に…


駒の小屋でトイレをお借りする。
トイレは小屋の奥側。
洋式だし建物自体も綺麗。

昨日に引き続き白い山頂。

うーん、ほんとはこんなに見えるのね。
山頂はそんなに広くない。
当初の予定では先の中門岳まで行くつもりだったが、この眺望なので次回に持ち越し。
記念撮影をしてすぐに降りた。

山頂からおり始めると少し光が差すようになってきた。
遠くは見えなくても嬉しい。
嬉しさのハードルが昨日からだいぶ下がっている。

駒の大池はランチスポットにぴったり。
混みあっていたので、小屋の前のテーブルで食事にした。
小屋は掃除中だったけど、コーヒーが頼めた(400円)。
光が差すと暖かく、のんびりしても気持ちが良い。

下山時には周りの山々も少しだけ顔を出してくれた。



ところどころ傷んだ木道の整備に向けて今月下旬までクラウドファンディングで寄付を募っています。

左のこんもりしたのが会津駒の山頂じゃないかと思われる。
下山途中、少しの間だけ山頂がすっきりと姿を現してくれた。

順番が逆になったけど、駒の小屋の少し手前、登山口から2つ目のベンチスポット。
天気が良ければ気持ちよく休憩できそう。

帰りは来た道をそのまま戻る。
登山道は比較的歩きやすく、快調に下山できた。

下山後は駒の湯へ。
まだ昼前だったこともあり、昨日に引き続き空いている。

帰りは道の駅たじまに寄り、お土産に日本酒を購入。
ソフトクリームも美味しかった。

東北道は車が多かったけど渋滞することなく、順調に帰宅。


今回、靴はALTRAのローンピーク3.5(メッシュ、ローカット)だけで行くつもりだったけど、直前にinov8のROCLITE 286 GTX (ゴアテックス、ミッドカット)も一緒に持っていくことにして本当に良かった。
1日目の川のような登山道で何度かヤバい浸水したかもというシチュエーションはあったけど、結果的に無事だったし、ちょっと乾かして2日目も普通に履けた。

ミッドソールがやや薄いけど日帰り山行ならそこまで気にならない。
軽量でいて普段履いても違和感ないデザインなのもよい。

そして、まもなく出る新色のブラウンも渋い色(宣伝)。
というか、もう入荷してますので、近日Web Storeでご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いします。








2018年8月4日土曜日

The Free Spirits Tents - White Label




今月下旬よりThe Free Spirits Tents の取り扱いを始めます。
2011年に中国の青島で設立された比較的新しいブランドなので、ご存じない方も多いと思います。
そういう店主もブランド名を知っている程度でした。

今年の初め位でしょうか、Webで製品を見かけた際に、格好良いな~The Free Spirits Tent ってこんなブランドだったけと思ったら、その製品は昨年度よりスタートした外部デザイナーとの協業ラインだったのです。

それが今回当店で扱うホワイトレーベルというシリーズ。
香港のデザイナー Tara Poky 氏によるシンプルで美しいテントです。

今年のOFF THE GRIDに出展するということで、もちろん見に行ってきました。
そしてデザイナーの Tara Poky 氏ともしっかりと話をすることができ、今回の取り扱いを決めました。

実際に製品を手にしてみるとディティールにもかなりこだわったデザインという事が分かります。
程々に軽量な中で使い勝手良く作られている点、そして建てた時の美しさが特徴です。

まずは上の写真の3型をご紹介。

右から
Soloist (1人用トレッキングポールテント)
Lightrock (1人用自立式ダブルウォールテント)
Mega (2-4人用トレッキングポールテント)

ホワイトレーベルの非自立式テントは当店未展開製品も含め全てダブルウォール仕様。
フライだけでもインナーだけでも建てられるように設計されており、状況に応じて使い分けられます。
その他の特徴はBlogで一つずつ説明していきますので、しばらくお待ちください。


また、Web Storeでは今月末入荷分のご予約を承っております。
写真と詳細はご覧頂けますので、よろしければご検討下さい。
日本のショップで販売しているのは今のところ当店だけです。

https://www.sokit.jp/tfstents/


どうぞよろしくお願いします。

2018年7月31日火曜日

アクシーズクイン 2018秋冬 展示受注会 開催のお知らせ


アクシーズクイン様ご協力のもと、凌ラインの秋冬展示受注会を開催いたします。

この秋はインサレーションを中心に意欲的な新作が多数登場。
店主は既に自分用に4点も発注してしまいました。

当店では取り扱い予定のない製品も含め、ほぼフルラインナップでご覧頂ける数少ない機会となります。

ぜひお誘い合わせの上ご来店下さいませ。



開催日時:

2018年8月25日(土) ~ 8月26日(日) 

※8/25(土),8/26(日)は19:00までの営業です。
※前後の平日は状況に応じて展示の予定(未定)。
※日程は都合により短縮or延長となる場合がございます。


内容:
axesquin (アクシーズクイン) HP
「凌(しのぎ)」ラインを中心に新作を含む秋冬製品の展示と予約受付、一部商品の販売。
当日新作をご予約頂いた方にはノベルティ(凌ステッカー)を差し上げます。

8/25(土)は13:00-19:00にて担当営業の高見様にいらして頂きますので、より詳しい説明を聞きたい場合はこの時間帯にぜひどうぞ。

その他、2019年春夏新作の一部展示、旧モデルの特価販売もいたします。



▼コンセプト
-凌ぐとは、足りることを知ること-
「凌」という山歩き
 現代の、防水透湿素材を始めとする機能素材の進歩はとてもめざましく、その恩恵で多くの人は快適に山歩きを楽しむことができるようになりました。例えばレインウェアは、その完璧なプロテクションによって、身体を雨から守ってくれると同時に、衣服内の湿気を外へ排出する透湿性も兼ね備えています。ただし(もちろん個人差もありますが)内側からの汗による濡れは、状況によってはこの機能素材の透湿性能を上回ってしまう場合があるのです。この汗を乾かしてくれるものは「風」以外にありません。高温多湿で峻険な地形の多い日本の山登りにおいて、アクシーズクインでは特にこの汗の排出の問題に対して、本当にたくさんの試行錯誤を重ねてきたのです。

 雨から濡れないように身を守り、体温を奪われないように風を防ぎながら、同時に汗を乾かしてくれる風は通したい。この矛盾した開発目標を叶えるために、雨具に対して少し割り切った取り組みをすることにしました。つまり、「多少濡れるが、」という前提を持つことです。そうすることで雨具の固定概念を離れ、ある程度の雨を防ぎながらも衣服の中を風が抜けていくような、柔軟な発想の構造を形にすることができるようになりました。

 雨風を遮断するのではなく、凌ぐ、ということ。この凌ぐという言葉は、雨風だけでなく、ひいてはものの考え方にも通用するものです。凌ぐことを知ることは、それで足りることを知ることでもあります。その山登りに本当に必要な装備をよく考え、経験を積んで安全で快適な山登りのために知恵を振り絞る。それで足りることを知れば、より装備を軽量で簡素にでき、その山の奥深さに向き合う時間が増えるのです。

 足りることを知るということはつまり、寛容になることかもしれません。それは、山の標高や難度を気にしすぎたり、ピークハント、コースタイムなどの、今までのこだわりから離れる一助にもなります。そうして、こだわりを離れることで見えてくる新しい楽しさがたくさんあります。

 アルコールバーナーで静かに料理を楽しんで、お腹一杯になったらハンモックで昼寝をする。先を急がないからできること。テントを使わずに、晴れていたらタープもいらない。自分が住んでいる街の夜景を見ながらマットの上、寝袋にくるまるだけの小さな冒険も。

 アクシーズクインの製品には、こうした凌(シノギ)への思いが込められているのです。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします!!

2018年7月30日月曜日

2018年8月の営業予定


いつも当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。


8月の店舗休業日・短縮営業日のご案内です。

お盆周辺の休業予定は変更する可能性がございます。


 8/ 1(水) 12:00-18:30 営業
 8/ 2(木) 休み
 8/ 6(月)-8/8(水) 休み
 8/11(土)-8/12(日) 休み
 8/13(月)-8/15(水) 14:00-18:00 営業
 8/16(木)-8/18(土) 休み
 8/19(日) 16:00-19:30 営業
 8/23(木) 休み
 8/25(土) 12:00-19:00 営業*
 8/26(日) 12:00-19:00 営業*
 8/28(火) 休み
 8/30(木) 休み

*8/25-26はアクシーズクインの18秋冬展示受注会を開催いたします。詳細はこちら


上記以外は通常営業 (12:00 - 19:30) となります。

予定の変更などがあった場合には、随時変更させて頂きます。

当日の営業確認はお電話でどうぞ。
取扱商品・その他のお問い合わせはWeb Storeのお問い合わせフォームよりお願いします。

TEL:03-3994-3822
※お客様がいらっしゃる場合、また一時的に外出している場合など営業時間内でも電話に出られない事がございます。

2018年6月29日金曜日

2018年7月の営業予定


いつも当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。


7月の店舗休業日・短縮営業日のご案内です。


 7/ 3(火) 休み
 7/ 5(木) 休み
 7/ 7(土) 16:00-19:30 営業
 7/10(火) 休み
 7/11(水) 16:00-19:30 営業
 7/12(木) 休み
 7/15(日) 12:00-18:00 営業
 7/17(火) 休み
 7/19(木) 休み
 7/24(火) 休み
 7/26(木) 休み
 7/31(火) 休み

上記以外は通常営業 (12:00 - 19:30) となります。

予定の変更などがあった場合には、随時変更させて頂きます。

当日の営業確認はお電話でどうぞ。
取扱商品・その他のお問い合わせはWeb Storeのお問い合わせフォームよりお願いします。

TEL:03-3994-3822
※お客様がいらっしゃる場合、また一時的に外出している場合など営業時間内でも電話に出られない事がございます。

2018年5月31日木曜日

2018年6月の営業予定


いつも当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。


6月の店舗休業日・短縮営業日のご案内です。


 6/ 5(火) 休み
 6/ 6(水) 休み
 6/10(日) 16:00-19:30 営業
 6/12(火) 休み
 6/14(木) 休み
 6/17(日) 休み
 6/19(火) 休み
 6/21(木) 休み
 6/26(火) 休み
 6/27(水) 休み


上記以外は通常営業 (12:00 - 19:30) となります。

予定の変更などがあった場合には、随時変更させて頂きます。

当日の営業確認はお電話でどうぞ。
取扱商品・その他のお問い合わせはWeb Storeのお問い合わせフォームよりお願いします。

TEL:03-3994-3822
※お客様がいらっしゃる場合、また一時的に外出している場合など営業時間内でも電話に出られない事がございます。

2018年5月23日水曜日

AXESQUIN クナイ・ショートなど


アクシーズクイン、アパレルばかり紹介していましたが、小物類も入荷しています。
なかでも、クナイ・ショートは以前より展開予定があったものですが、今回ようやくリリースされた店主的にはイチオシの製品です。


クナイ・ショート
最近だとゲイターを使用せずにトレランシューズで歩くハイカーが多いように感じますが、ローカットシューズでもルートやコンディションによっては、あったらいいなと思う事が誰しもあるのではないでしょうか。
軽量なソフトシェルのショートゲイターであれば、パンツのポケットに入れておいても嵩張らず、着用時はロングパンツの裾がシューズにかかっているのとさほど変わらないような蒸れにくさです。
店主は面倒くさがりなのでゲイターは大体いつも着用しています。
また、大事なポイントなのですが、かかと部分のベルクロによりアルトラのシューズに対応しています。アルトラ用のゲイターといえば、日本だとTeton Bros.のものが1番に思い浮かびますが販売数量もさほど多くなく、なかなか入手困難ではないでしょうか。
そんなわけでシノギングしないアルトラユーザーにもお薦めです。


あぶみ紐用ループ
アルトラ以外のシューズでフロントのフックだけでは固定が難しい場合は、自分でループに紐を通して固定することができます。紐は付属しません。

入口ドローコード
上部のドローコードは写真親指部分にコードロックが内蔵されており、着用したままでも調整が可能。コードを引いても邪魔にならないように、そのまま内側に入るようになっています。


クナイ
こちらはオリジナルのロングゲイター。
ショーラーの生地を使用した高機能バージョンです。
こちらも今季より裾にベルクロが付きアルトラ対応となりました。
店主を含め旧バージョンをお持ちのアルトラユーザーは、100円均一でもマジックテープ(面ファスナー)は購入可能なので、これくらいは自分で縫い付けてみても良いかもしれません。



ヤマボウシ
冬に人気だったフユボウシを彷彿とさせる日除けハット。
深めの被りや生地のシワ加工、そしてブランドカラーである濃色(ワインレッド)がワンポイントになったベンチレーションホールなど、普通に被っても洒落たデザインの帽子。
コーディネートのアクセントにぴったりです。

4色展開

フチにワイヤー入り

あご紐用ループあり


UPF50+ ヘアバンド
ツバ付きの吸湿速乾日除けヘアバンド。
上側の生地はクシュっとしてもいいですし、伸ばせば後頭部まで覆う事もできるため、天気や気温によって被り方を変える事ができます。
UPF50+はレディース向け企画ですが、こちらは男性でも被れるサイズ感です。


フロントに保冷材などを収納できるポケット


各商品の詳細とWebからのお買い物はこちら



どうぞよろしくお願いいたします。