2018年10月10日水曜日

TFS White Label - Mega


メガという名前の通り、3〜4人で寝られる大型モノポールシェルター。
インナーメッシュテントを吊り下げるダブルウォール仕様です。
フライのみ、そしてインナーテントのみでも設営可能。



トップにクロスポールを入れることにより室内空間を広くとっていますが、それが富士山のような独立峰を想起させるユニークなデザインにもなっています。

前後に設けられた出入口はフライをフルオープンにすればかなりの開放感と通気性を確保でき、暖かい時期のキャンプやハイキングにぴったり。

前室はほぼありませんが、インナーテント内は220cm四方あり、2人で使うのであれば中に全ての物を置いても十分な広さがあります。
また、キャンプ地に程よい木があれば、トップを木の枝から吊るすことで、中のポールを省いて設営することも可能。
センターのポールがなければ3人でも余裕のある広さを確保できます。

トップのクロスポール構造。
インナーのメッシュテントはポールが通せるように穴が開けられています。
トレッキングポールの長さは135cm。

メッシュミニポケット両サイドに1つずつ

ベンチレーター

ドアのジッパーは中央付近とボトムにマグネットが入っており、ジッパーを閉めずに一時的に留めておく事ができます。

ダイニーマXグリッド生地で補強されたペグポイント。
付属ガイラインは2mm ダイニーマコア ナイロン。
主要部分は全てセットされています。


2人で使えば余裕を持ってくつろげる広さ。
また、大人2人と小さな子供2人で4人なら普通に寝れないこともないので、少しでも軽量化したい家族登山にも良さそうです。

タイベックを使った収納バックがこれまた良く出来ていて、入口が広いためテントを雑に畳んでも入れやすい。防水ではありませんが、簡単に圧縮できるように作られています。

そして、予備知識なしでは使い方の分からないこのパーツ。
メッシュインナーだけで建てる場合、トップに穴が空いているのにどうやって?
と思ったらこのパーツをトレッキングポールの先端に付け、それをクロスポールの支柱にするという素晴らしい発想。

虫の多い時期の外遊び、家族4人で休憩できる広さの蚊帳テントとして役立ちそうです。


ディティールも美しい。


予備ガイラインが必要ですが、設営に使える木があれば中のポールを省いて広々使えるので、持っていく価値はあります。

こちらは応用編。
フライのみをポール2本でタープのように張ることで、ちょっとした宴会会場にも。

The Free Spirits Tents White Labelのラインナップ全てに言えることですが、率先して軽量化を追求するのではなく、使い勝手が良く、なおかつシンプルでひねりのあるデザインというところが最大の魅力でしょう。


重量は
フライ&インナー1348g
ショートポール130g(パーツ、袋込み)
ペグ148g(予備ガイライン、袋込み)
スタッフサック75g
と、初期セットで約1700g。

ここにフットプリントを専用で用意すると+309g(スタッフサック込)、そして135cmのポールが1本必要となります。

トレッキングポールを使用しているハイカーであれば、ポールの重量は許容としても、フットプリントは持っていくか悩む重さ。
床面積が広いため、1人用テント2つ分程度の重量になってしまうんですよね。
ただ、専用フットプリント(別売)であれば、予めトグルをフライ側のリングに固定しておくことで、一体設営ができる楽さを享受できます。

ハイキングで使用する場合、さすがに1人では大きすぎるので2人以上での使用が前提となるでしょう。2人で余裕をもって使えるサイズのダブルウォールテントとして考えると十分に軽量。
テント場でゆっくりするような山行計画にぴったりです。




商品の詳細とWebからのお買い物はこちら

どうぞよろしくお願いいたします。





2018年10月5日金曜日

Web Store 送料改定のお知らせ


いつも当店をご利用頂きましてありがとうございます。

Web Storeで配送をお願いしている郵パックが10月より大幅に値上げとなりました関係で、宅配便はクロネコヤマトでの配送に変更させて頂きます。

それでも今までと同じ送料でというのは難しく、分かりづらく申し訳ないのですが地域・サイズ別で送料を設定させて頂きました。

また、1万円以上のお買い物で送料無料としていたサービスも継続的に行うのは終了し、今後は期間限定などキャンペーン的に行う予定です。
1万円以上の製品も全て送料が有料というわけではなく、製品毎に送料無料のものと送料を頂くもので分けさせて頂きました。


次にメール便に関してですが、こちらはゆうパケットのまま継続いたします。
ただ、既に来年1月より値上げの通知が届いておりますので、こちらは1月に値上げの予定です。


なお、来年は消費税の増税に合わせ、1年後に再び宅配便・メール便共に送料の値上げを行わせて頂くことになりそうです。

値上げが続き大変恐縮ですが、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

sokit 店主 長島

TFS White Label - Soloist



トレッキングポール(125cm)を1本使用して建てる1人用モノポールシェルターのソロイスト。
インナーメッシュテントを吊り下げるダブルウォール仕様です。
フライのみ、そしてインナーテントのみでも設営可能。
使い勝手や価格を考えると日本の市場で一番受け入れやすいのがこのモデルじゃないかと考えています。

入口は片側のみ。
ドアはセンタージップではなく、2辺に別れたジッパーを採用。
重量は当然増しますが、この仕様がソロイストのユニークな使い勝手を生み出しています。



ドアのジッパーは片側だけ開ければ出入り可能。
ただ、ドア中央をペグダウンしていると半分開いたドアを収納するところはありません。
(※この写真は開いた部分を、手で押さえてもらって撮影しています)

前室も奥行最大40cmとしっかり使えます。
インナーメッシュのドアも大きく開く事が可能。

ドアはセンターのペグを外し、両サイドのファスナーを開ければ、くるくるっと上部にまとめる事ができます。
これは昼間の暑い時に嬉しい仕様。
かなりの解放感です。

メッシュインナーの高さはセンターで105cm。
一人で座って食事を取ったり、荷物の整理をしたりするのにも充分な高さがあります。

なお、現行の製品は上記写真の製品サンプルよりもインナーテントの幅で10cm、フライの幅で20cm大きくなっており、頭と足の先はさらに余裕が出ています。

奥行もインナーテント内で90cmあり、窮屈さはないでしょう。

メッシュ スリーブポケット x2


トップのベンチレーターについているファスナー、何に使うのかと思ったらこれを開ける事でフライをポンチョとして被って使えるとのこと。
ポンチョタープというよりはモンベルのテンチョに近い発想でしょうか。

インナーテントを使わない前提ですが、フライのみをシェルターとして使用し、全て準備の上バックパックも背負った状態で内側からペグを抜けば、全く濡れずに撤収可能かもしれません。
実用に足るかはともかく、ちょっと屋根の下までなんて使い方ができるだけで面白いと思います。

※上の写真は旧仕様のサンプルで撮影しており、ファスナーが短いですが、現行製品は顔を出せる長さに変更されています。


トップのループを使って木にぶら下げて設営すればポールも不要。

ダイニーマXグリッド生地で補強されたペグポイント。
付属ガイラインは2mm ダイニーマコア ナイロン。
主要部分は全てセットされています。


フライとインナーテントを接続しているパーツ。
専用フットプリント(別売)であれば、予めトグルをフライ側のリングに固定しておくことで、一体設営が可能です。

タイベックを使った収納バックがこれまた良く出来ていて、入口が広いためテントを雑に畳んでも入り、シームテープされていないため防水ではありませんが、簡単に圧縮できるように作られています。

暖かい時期のデイキャンプでちょっと昼寝したい時はメッシュインナーだけで張っても良いですよね。

インナーだけで張る場合はガイラインが別に1本必要です。

フロントドアが のれん 状になるソロイストならポール2本を使ってこんな芸当も。
天候が良くて、時間にも余裕があるなら、こんなミニタープの下でゆっくりするのも良いですね。
シンプルな見た目とは裏腹に、よく考えられた製品です。

重量は
フライ 430g
メッシュインナーテント 320g
ペグ 116g(袋込み)
スタッフサック 76g
フットプリント 134g(別売)

と、ここまでで約1080g。
別途トレッキングポールが1本必要ではありますが、ダブルウォールということを考えるとボチボチ軽量ではないでしょうか。
虫の少ない時期にはフライだけをシェルターとして使っても良いでしょう。
そういったバリエーションが考えられるのもダブルウォール型シェルターの魅力。

シルエットも美しいです。


商品の詳細とWebからのお買い物はこちら

どうぞよろしくお願いいたします。